調剤薬局事務の資格があると、調剤薬局で薬剤師の仕事をサポートできます。 割と簡単に取得できるということで、医療系の資格の中でも人気がある資格(取得するのが趣味なんて方もたまにいますよね)です。 ただ、薬剤師のサポートといっても幅広く、受付や電話対応、薬の在庫管理(あまり在庫を抱えすぎると保管場所などのコストがかかってしまいます)、レセプト入力、お薬手帳の作成など、やることはたくさんあります。 事務という名前がついていますが、接客もしないといけないので、コミュニケーションを取るのが苦手な人には向いていません。 調剤薬局事務に向いている人はコミュニケーション能力が高く、気配りができるタイプです。 また、数字に強かったり、パソコン操作が得意という人にも向いていますね。 医療の現場は深刻な人手不足に悩まされているため、調剤薬局事務の資格を持っていると就職に有利です。 ただし、事務系の仕事は男女問わず人気の高いため、資格を持っているからと言って100パーセント希望の職場で働けるとは限らないのです。 そのため、資格があるからと言って油断せずに、ちゃんと誠意を持って就職・転職試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)に挑むようにしてくださいー